TOP備前県民局エリアの地名の由来>赤磐市正崎

地名の由来:正崎

地名の由来

 正崎は砂川の左岸に位置する地区です。

 現在は内陸部ですが、かつて海水がこの辺りまで来ていました。
 その事から海水が届く場所の意味から塩先と呼ばれるようになり、これが転じて正崎という地名が生まれました。

 倉敷市児島地域には児島塩生(しおなす)という地名がありますが、現地では"ショーナス"と呼ばれています。
 かつての岡山弁ではシオの言葉はショーと発音しがちだったのかもしれません。

正崎城、古城山城

 正崎地区にある真福寺の北側に広がる山の中に、山城の跡が残されています。

 苅田万三郎という人物が築いたと伝えられる城で、古城山城や正崎城と呼ばれています。
 浦上家の家臣と伝えられていますが、詳細は不明です。


 -戻る-

関連リンク

写真:河田原の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る