TOP美作県民局エリアの地名の由来>英田郡

地名の由来:英田郡

英田郡 概略

英田郡(読み方はアイダ)
含まれる自治体:西粟倉村

※旧英田町(現・美作市)についてもこのページで解説します。

地名の由来


 岡山県の北東部に位置する英田郡には、現在は西粟倉村のみが属しています。
 かつては郡名と同名の英田町も存在しましたが、2005年に町村合併により美作市になりました。

 英田の地名は古く、平安時代中期に編纂された延喜式にも登場します。
 漢字は古くは英多が用いられており、読み方も濁らずにアイタでした。

 地名は大化の改新以前の大和王権で各地に置かれていた"縣(アガタ)"が転じたものではないかと考えられています。

旧英田町


 前述の通り英田郡には同名の英田町が存在していました。
 1955年に発足、平成の大合併で2005年に町村合併で美作市になりました。

 英田町の町名は郡名に由来しており、起源は郡と同様とです。

 現在は美作市の地域名である他に、住所表記上では唯一英田青野に地名が残されています。
 これは同じく美作市になった旧東粟倉村も青野の地名がある為で、東粟倉の青野も東青野に改称しています。


 -戻る-

関連リンク


写真:西粟倉村・村役場
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る