TOPコラム岡山で起こった事>29.岡山と電灯の歴史

電灯

『岡山と電灯の歴史』

岡山初の電灯は…?


 岡山県に初めて電灯が導入されたのは、1888年の事でした。
 岡山紡績という会社の工場で導入されたのが最初です。
 この前年に工場で火災が発生した為に、その予防として電灯を取り入れたそうです。

 岡山紡績という会社は新しもの好きだった事でも知られており、岡山発のイルミネーションを行ったのもこの会社です。
 戦勝を祝って奉祝という文字を電灯で作るなどしていたそうです。

 物珍しさで見学者が絶えず、工場の塀が倒れることもあったそうです。

人々が初めて電灯を間近で見た日


 前述の通り県内初の電灯は岡山紡績でしたが、工場内の物なので一般人が電灯を間近で楽しむことは出来ませんでした。

 一般の人でも間近に電灯を楽しむことが出来る機会が訪れたのは翌1889年です。
 岡山市で新たに建てられる郵便局にも電灯が導入されることになり、そのこけら落とし押して一般の人々の見学が行われた際の事です。

 これを逃せば次はいつ電灯を楽しめるか判らないということで、大変に多くの人々が押し寄せました。
 当初は3日間の予定でしたが、特に最終日は警察でも収集がつかないような事態になり、会期を2日延長して対処しました。



<<前のページへ
  目次へ戻る  次のページへ>>


関連リンク

画像:『電灯』





 -戻る-



ページトップに戻る