TOPコラムコラム・岡山の事件簿>52.安政の札潰れと大地震

下落

『安政の札潰れと大地震』

安政の札潰れとは

 1854年に岡山藩は安政の札潰れという措置を取りました。

 これは藩札を額面の1/10に引き下げる措置です。
 江戸時代の末期、財政難の為にそうせざるを得ない状況にあったのです。

 しかし当然人々がこれに納得したわけではありません。
 起こった民衆は札場の周辺に集まり、打ちこわしは避けられない状況に陥っていました。

打ち壊しを妨げた衝撃の出来事

 結論から言うと、打ち壊しは直前で回避されました。

 人々が集まっているところに、安政の大地震の一つに数えられる安政南海地震が発生しました。
 集まっていた人々は安全な場所へ避難してしまいました。
 その為に打ち壊しは中止されました。

 この時の岡山の推定震度は5です。
 89戸が全壊するなど、大きな被害が記録されています。



<<前のページへ   TOPへ戻る   次のページへ>>

関連リンク


写真:株価下落
写真提供:イラストAC


 -戻る-



ページトップに戻る