TOPコラム風の道を歩く2019>7.唯一のトンネル

トンネル

下津井電鉄線唯一のトンネル

下津井電鉄線唯一のトンネル


 琴海駅から次の鷲羽山駅に向かうまでの間に、下津井電鉄線唯一のトンネルがあります。

 これは下津井電鉄線の歴史の中では後期に誕生したもので、瀬戸大橋線の高架が出来た事に伴い、その下を通る為に作られました。
 冒頭の写真がそれですが、一見すると高架の下をくぐっているだけのようにも見えます。
ドア
 トンネルの途中にドアがありますが、これがもしかすると鉄道のトンネルに設置が義務付けられている退避用スペースの名残なのかも知れません。

変化したもの


竹林へのドア
 私は2009年、2013年と下津井電鉄線跡の風の道を踏破してきました。
 その時の行程はコラムとしてサイトで紹介していますが、実は今回はじめて紹介するのがこの扉です。

 2009年に初めて歩いた時はもっとしっかりとした建物でした。
 それが2013年時点はやや傷みが目立っていました。
 そして2019年、もはやボロボロで半開きの状態でした。

 恐らくこの奥の竹林が私有地で、一般の人が出入りしないように作られていたものだと思います。
 2019年時点では竹林自体も管理されておらず、扉はあるものの中に入っても人が歩くのは困難な状態になっていました。

 10年の月日の間に、ここを管理していた方が来られなくなったのでしょう。
 10年は長いよなと、改めて思いました。

<<前の記事へ
  目次へ戻る  次の記事へ>>

関連リンク



写真撮影:岡山の街角から
1.『トンネル
2.『退避スペース跡?』
3.『竹林への扉』


 -戻る-



ページトップに戻る