TOP岡山の著名人ゆかりの場所宮本武蔵

宮本武蔵駅のホーム

剣豪・宮本武蔵ゆかりの地

詳細

宮本武蔵(写真は宮本武蔵駅のホーム)
生没年:1584~1645年
職業:剣豪、芸術家
ゆかり:生誕の地(候補地)
関連リンク武蔵の里・公式HP

ようこそ、宮本武蔵の里へ

 駅のホームへ降り立つと、武蔵の出迎えを受ける…美作市にはそんな駅があります。
 その名も『宮本武蔵駅』です。
 和風の建物に、外へ出ると幾分か幼い頃の武蔵の像が出迎えてくれます。

 岡山県の美作市は江戸時代の初期に活躍した剣豪である宮本武蔵さんの生誕の地として町おこしが進められています。

武蔵の生誕地?

 宮本武蔵に詳しい方なら、武蔵は播磨(現在の兵庫)で生まれたのではないかと異論を出される事でしょう。
 確かに自身の著書である『五輪書』において、生まれは播磨であることを明かしているのです。(ちなみに生年も五輪書から計算されたものです)

 ただし宮本武蔵さんの父親は武士として後世に名前が残るような活躍は無かったようで、その為に若かりし頃の宮本武蔵さんの資料は余り残されておらず、どこが生誕地なのかを確認する術は無いようです。

 なので本人が語った播磨が事実だろうと解釈されることが多く、美作とする説は諸説の一つに留まっているようです。

吉川英治と美作説

 しかしそれにもかかわらず美作説の知名度は高く、観光客も少なくありません。

 美作生誕説は現在まで続く宮本武蔵のイメージを決めたとも言われる、吉川英治の小説『宮本武蔵』で採用されています。
 
その為、美作市には小説に登場したシーンの舞台となる風景が残されています。
 実際の生誕地であるかどうかはこだわらずに、小説に登場する武蔵のゆかりの地とでも割り切って楽しむのも良いかもしれません。

 宮本武蔵駅周辺には武蔵の名前を冠した『武蔵の里』が整備されており、分骨されたとされる武蔵の墓、芸術家としての作品なども集めた資料館、温泉リゾートなどがあります。

ゆかりのスポット

 美作市には下記のような宮本武蔵と関係するスポットが有ります。

宮本武蔵生家跡
 宮本武蔵が生まれたとされる家ですが、元々の建物は消失しており、現在の建物は後に再建されたものです。
 特に宮本武蔵を思わせる物はありませんが、大黒柱の位置は元々の建物と同じだと言われています。(※内部は見学不可)
武蔵の墓
 宮本武蔵の遺骨を分骨したとされる墓地です。
武蔵資料館
 武蔵は芸術家としても著名な人物です。
 この資料館では、その作品や、映像化作品の衣装などを展示しています。
讃甘神社
 武蔵といえば二刀流ですね。
 その二刀流をひらめいた場所と言われているのが、この讃甘神社です。
 宮司が二本のバチで太鼓を叩いている様子からひらめいたのだとか。

マップ(宮本武蔵駅)



 -戻る-

関連リンク


写真:宮本武蔵駅のホーム
写真提供:岡山県

ページトップに戻る