TOPコラム岡山後楽園を学ぶ>9.延養亭

延養亭

延養亭

延養亭

 園内にある延養亭は、普段は非公開になっている建物です。

 岡山藩主が後楽園を訪れた際に居間として用いる為に建てられた建物で、公園の最初期から存在しています。
 後楽園のデザインは、延養亭の主室(普段、城主がいる部屋)から一番美しく見えるように作られているそうなので、来園の際には、ぜひこの辺りから園内の様子を見学することを忘れないようにしましょう。

戦火からの再生

 延養亭は、1945年に岡山市街地を襲った『岡山大空襲』の際に焼失しています。
 1960年に隣接する茶室の臨い軒と共に再建されたのですが、この時に参考に使われた資料は『御茶屋御絵図』という絵図でした。

 これは後楽園を造った当時の後楽園の風景を記したものです。
 絵図にある延養亭を元に、材料・技術共に日本最高峰のものを集結させて再建されたのが現在の建物です。

見学について

 先述の通り、普段は延養亭の中の様子を見ることは出来ません。

 しかし年中行事の会場となった際に、中の様子を窺い知る事が出来るほか、特別公開が行われた際には、中を見学することが出来ます。
 そうした機会があった際にのみ、藩主や明治天皇なども堪能した一番美しく見える後楽園の風景を楽しむ事が出来るのです。

<<前の記事へ  目次へ戻る  次の記事へ>>

関連リンク



目 次

写真
『延養亭』(写真提供:えいの旅 様)


 -戻る-



ページトップに戻る